さとふるキャンペーン

2016年11月10日

さとふる 還元率

ふるさと納税の人気が上がってくると同時に、簡単に手続きができるふるさと納税サイトが出現しました。その数は私が調べただけでも9社に上ります。

でも、ふるさと納税サイトもいろいろで、提携する自治体も多いところから少ないところもあり、返礼品に商品券や家電製品の情報を多く揃えているところもあります。

そこで考えるのが、「還元率の高いふるさと納税サイトを使った方が、ぜったい得じゃない?」ってことですよね(笑)

で、いくつかのふるさと納税サイトの還元率を比較しようとしたんですが、これって同じ商品があれば比較しやすいんですが、なかなか比較しにくいことに気がつきました。

そういうことで、各サイトの特徴で比較してみたいと思います。

furusato23.jpg

まず、ふるさと納税サイトの認知度No,1にも選ばれた「さとふる」ですが、ソフトバンクグループが運営しているらしく、高還元率の返礼品の情報も多いので人気度が高いようです。さらに手続きが簡単なのも人気の理由の一つのようです。

次は「ふるなび」。このサイトの大きな特徴は、家電製品や金券、商品券といった返礼品の情報を扱う数少ないふるさと納税サイトです。そのため還元率の高い返礼品が多いのですが、逆に提携している自治体数が限られているのが残念です。

次に「ふるさとチョイス」。ふるさと納税サイトの中では最大級のサイトです。提携している自治体も多いので、いろんな自治体を見たい方はチェックしておいた方がいいかも。

最後に「楽天ふるさと納税」ですが、これは楽天市場の会員の方だったらいつものお買い物と同じような感覚で手続きが済むので便利です。「楽天スーパーセール」を利用すればお得感がさらにアップしますよ(笑)



posted by setsuzei-mama at 11:47| ふるさと納税 還元率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

ふるさと納税 楽天 ポイント

楽天でもふるさと納税ができるのは以前にも書きましたが、いつも楽天でお買い物しているよーって人は、ポイントが付くので楽天スーパーSALEを利用してふるさと納税した方が断然お得です。

ただ、提携している自治体数がまだ少ないというのがちょっと残念ですが、ポイントを2倍〜10倍もつけてくれる自治体もありますので、返礼品に特にこだわりがないという方は利用しない手はありませんよ。

楽天市場の検索窓に「ふるさと納税」と打てば、楽天と提携しているふるさと納税先が出てきます。もしポイント10倍の自治体にふるさと納税すれば、自己負担金の2,000円も取り戻すことだってできるんですよ(笑)

furusato19.jpg

楽天ファンのあなたなら、すでに楽天カードを持っているはずですから、楽天カードを使ってふるさと納税してくださいね。楽天カードを使うと、さらにポイントが付きますから。

楽天会員なら、住所やクレジットカードなどの登録情報が既に登録されているので、あっという間にふるさと納税が完了しちゃいます。ホント、普通にお買い物をする感覚です(笑)

もしまだ楽天カードを持ってないという方は、今ならカードを作るだけで5,000ポイントももらえちゃうので、ぜひこの機会に作ってみたらいいかも!!

posted by setsuzei-mama at 11:13| ふるさと納税 還元率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

ふるさと納税 還元率 2016

さて、ふるさと納税をするとして、どうせなら還元率がいいところに寄附した方がいいよねって考える人が多いようですね。

「それって、ふるさと納税本来の趣旨とはちょっと違うでしょ?」というツッコミを承知の上で、固いことは抜きにして今年2016年の還元率がいいところを調べてみました。

俗に還元率が高いと言われるのは、50%のラインを超えたところだと言われています。具体的にいうと、寄附する金額が10,000円だと返礼品が5,000円、20,000円だと10,000円ということです。

還元率が50%を超えると、もらえるものもそれなりに豪華になってきますので、かなりお得感が出てきますが、なかには還元率が60、70というところもあるようです。

とは言っても「量が多いからお得」とは一概に言えません。たとえば人気の品の一つにお肉がありますが、そのお肉が本来どれくらいの金額のお肉なのかは分かりませんから、厳密にいえばこの還元率の値が正しいとは言いきれないわけです。

そうした点を踏まえると、はっきりとした値段を掴むことができるのがお米です。お米は銘柄によって価格はある程度ハッキリしてますから、当たり外れがありません。毎年お米が人気なのは、こうしたところにあるのかもしれませんね。

furusato11.jpg

2016年も、お米で還元率が高いところは10か所ほどあったようですが、人気が高いだけにすでに売り切れ状態です。もしお米が欲しいならば、来年からは早めにチェックしておく必要があるでしょうね。

でも、まだおすすめはあります。ふるさと納税サイトの「さとふる」を見てみると、10,000円の寄附で「南信州産コシヒカリ15kg」「若狭米こしひかり15kg」「特別栽培米 夢しずく15kg」などが頂けるところがあるようですよ。

posted by setsuzei-mama at 11:48| ふるさと納税 還元率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

ふるさと納税 楽天

皆さんはご存知でしょうか?私は知らなかったのですが、あの楽天でもふるさと納税ができるようになっていました。

2015年の7月31日に「楽天ふるさと納税」として、ふるさと納税専用のサイトが開設されたそうですが、よくよく調べてみるとこれがとにかく便利でとってもお得なんです。

通常楽天を利用している人は、いつものIDを使ってそのまま普通に買い物をするような流れで、しごく簡単にふるさと納税ができます。名前や住所の入力なんかが必要ないから、複数の自治体に寄付しようとする人なんかはとっても楽だと思います。

そしてもう一つお得なのが、楽天スーパーポイントをもらえること。寄付した金額の100円につき1ポイントがもらえるので、最終的には2,000円の負担金からさらにポイント分を差し引いた分が、実質の負担金になるわけなんですね。

このポイントは大きいです!!

もし、楽天カードをまだ持っていないということであれば、いま申し込みをすれば新規入会と利用で5,000ポイントがもらえるので、かなり怖ろしいことに…(笑)

それともう一つありました!!楽天で定期的に開催されている「楽天スーパーセール」を利用すると、もっとポイントをゲットすることができますよ(笑)

posted by setsuzei-mama at 13:03| ふるさと納税 還元率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

ふるさと納税 還元率

ふるさと納税は、自分が貢献したいなと思った市町村の自治体に寄付することで、一定の税金控除を受けることができる制度です。そればかりか寄付をした先からはお礼として返礼品が頂けるという嬉しいシステムです。

でも、ふるさと納税といっても寄付をする「ふるさと」には特別な定義はないので、自分の生まれ育ったところに限らず、旅行先でお世話になったからとか、ここはぜひ応援してあげたいと思ったところなど、寄付をする先は自由に選ぶことができるんですね。

だから最近ではいろんな自治体を検討し、受取れる返礼品が豪華なところや、還元率が高いところを選ぶ人が多くなってきたようです。

furusato3.jpg

そりゃあ人間ですもの、同じ金額を寄付するのであれば、高還元率の返礼品をもらう方が絶対お得ですから仕方がないですよね(笑)

返礼品として人気なのは、やはりお肉や海産物にお米といった食品を贈ってくれる自治体で、そしてやはり高還元率の返礼品が多いように感じられます。

ひと口に還元率の高い自治体や返礼品を探すといっても、人によって価値観も違ってきますので一概には言えないようですね。

結局のところ、2,000円以上の返礼品がゲットできれば得するわけですが、私が還元率のいい返礼品として探したのはざっと次のようなものです。欲が深いと思わないでくださいね(笑)

・「こだわりの放し飼い卵「かぐやひめ」150個(約10kg) 」:寄附金額10,000円
・「九州産豚肉切り落とし3kgセット」:寄附金額10,000円
・「カレー専門店オリジナル野菜カレー50食入り」:寄附金額10,000円
・「長野県南信州産 コシヒカリ 15kg」:寄附金額10,000円

チョット贅沢なものなら佐賀県嬉野市の「佐賀牛 ステーキ用800g」がいいですね。寄付金額20,000円で、あの佐賀牛が食べられるんですよ!最高じゃありませんか♪

普段高くて手が出ない高級肉でも、直接お財布からお金を出して買わないんだから、なんの抵抗もなく口に入れることができそうですね(笑)

高還元率のお肉をゲットするなら「さとふる」がおすすめです。⇒ウェブでふるさと納税(受付中)

ふるさと納税 さとふる
高級和牛が貰える!ふるさと納税
posted by setsuzei-mama at 09:40| ふるさと納税 還元率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。