さとふるキャンペーン

2017年10月28日

還元率6割のビールと大吟醸のタイムリミットは11月

ふるさと納税の返礼品競争が過激化したことで、総務省が4月1日に全国の自治体に対して換金性が高い返礼品の見直しと、その還元率を3割以下に抑えるようにとの要請をしてから半年が経ちました。

それを受け、11月までに返礼品のリニューアルを予定している自治体は少なくありません。

つまり今年のふるさと納税でお得な返礼品をゲットしたいと思うならば、リニューアルされる前の11月までに申し込んでおく必要があるということです!

そこで、現在は還元率約6割という高還元率ですが、11月に見直されるというふるさと納税サイト「さとふる」の返礼品2点をご紹介します。

作州津山ビール 宇宙ラベルシリーズ12本入り[岡山県津山市] 寄付金額10,000円
作州津山ビール 宇宙ラベルシリーズ12本入り[岡山県津山市] 寄付金額10,000円

↑国際ビール品評会の「ワールド・ビア・チャンピオンシップ」で、最高評価の金メダルを受賞した地ビールで、4種類の味と美しいラベルが共に楽しめます。

剣聖武蔵 大吟醸 1.8L[岡山県津山市] 寄付金額10,000円
剣聖武蔵 大吟醸 1.8L[岡山県津山市] 寄付金額10,000円

↑こちらも還元率が約6割の岡山県産山田錦でつくった純米大吟醸です。

一般のお酒とは違った、フルーティーな香りと深いコクがたまりませんよ(o^-')b グッ!


☆参考になったと思ったらポチってもらえたら嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ



ラベル:ビール 大吟醸
posted by setsuzei-mama at 10:32| ふるさと納税 還元率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

ふるさと納税の還元率引き下げの中頑張る牛肉とは

ふるさと納税の返礼品の調達額、いわゆる還元率が上限3割までに引き下げられ、資産性の高い家電品も返礼品としては不適格との総務省からの指導で、どうやらふるさと納税のありかたも変わりつつあるようです。

家電の返礼品で人気のあった長野県伊那市も、昨日5月9日、資産性の有無を問わず全ての家電製品を返礼品から除外すると表明をしました。

これまで総務省からの指導にも、自分たちの思いをぶつけてずいぶん頑張って来たのですが、地方の小さな自治体が奪い合いをするのはふるさと納税の本来の姿ではないとして、今回の決断に踏み切ったようです。

でも、よくよく考えると、家電品などは高額納税者だけが恩恵を受けるような感じもしていたので、我が家のような家庭では家電の返礼品がなくなると言っても、あまりピンとこないといった方が正直な感想ですねw

ただ、還元率が下がる傾向にある中、まだまだ頑張る還元率の返礼品がありましたので、ここで皆様にご紹介したいと思います(^皿^)ニッ!

【佐賀牛】切り落としたっぷり1.1kg
【佐賀牛】切り落としたっぷり1.1kg

佐賀県唐津市の佐賀牛認定店「にくのともる」の、極上の佐賀牛のももとバラのスライスが1.1kgとタップリです。

そして嬉しいのが、2パックに小分けしてあること。主婦の気持ちが分かってますねw



ラベル:牛肉
posted by setsuzei-mama at 16:49| ふるさと納税 還元率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

ふるさと納税 還元率 家電

ふるさと納税関連のサイトでは、還元率の上限が3割になるという話題で盛り上がって(盛り下がって?)いるようですが、今月に入って、サイトをリニューアルしている自治体もあるので、返礼品の見直しを図っているのではないかと思われます。

返礼品の還元率の上限3割という総務省の通達に強制力がないとしても、自治体としては足並みを揃えざるを得ないというのが実情のようですね。

そんな還元率が下がる傾向にある返礼品の中、驚くべき還元率の返礼品がありましたのでご紹介したいと思います(^皿^)ニッ!

メタボ対策やインナーマッスル強化に効果が見込めるという、山形県米沢市の返礼品の複合高周波EMS「ダブルインパクトシェイプ」です!

furusato36.jpg
複合高周波EMS ダブルインパクトシェイプ

リチウム電池を搭載した充電式なのでコードレスで使えるので、家事をしている最中や外へ出てのウォーキングの時も使えちゃいます。

なんと、これが寄付金100,000円でもらえちゃうんですよ〜

気軽に楽してお腹周りのシェイプアップや、筋肉運動がしたいという方にはピッタリなアイテムですね♪


山形県米沢市


ラベル:還元率 家電
posted by setsuzei-mama at 10:35| ふるさと納税 還元率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

ふるさと納税 還元率 ビビット

今朝はTBSテレビの「白熱ライブ ビビット」でふるさと納税の特集をやっていましたね。

総務省が来月4月にも、返礼品の還元率の上限を寄付の3割とするという通知を各自治体にする方針を固めたということでしたね。

ふるさと納税で潤っていた山形県天童市、静岡県焼津市、宮崎県都城市などの担当者の方は一様に困惑気味でした。

通知による指導には強制的なものはないそうですが、おそらく将来的には還元率が下がるのは間違いないでしょう。

日持ちするお米類やお酒、家電品などは早めに申し込んでおいた方がいいのかもしれませんね。

・還元率で選ぶなら「さとふる」です⇒簡単!4ステップでふるさと納税
・家電なら断然「ふるなび」です⇒「ふるなびならたった3分でふるさと納税!」
・楽天ポイントなら「楽天ふるさと納税」で⇒楽天ふるさと納税

お得感が楽しみだったふるさと納税ですが、還元率が統一されてしまうとお得感がなくなってきますよね。

これ以上還元率が悪くならないように、ただ祈るだけです。




ラベル:ビビット 還元率
posted by setsuzei-mama at 18:14| ふるさと納税 還元率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

ふるさと納税 高額寄附

高額納税者がふるさと納税するとしたらどうなる?

高額寄附をすることになるの?

素朴な疑問がわきました(笑)

私みたいな平凡なサラリーマン家庭には想像もつかないのですが、番付に載るような高額納税者の方もふるさと納税はもちろんできますよね?

でも、税金を500万や1000万も納めている人って、それだけ高額寄附をすることになるはずですから、もらえる返礼品も高額になるはずです。はたしてどんな返礼品をもらわれるのでしょうかしら…。

ひょっとしたらお金持ちの方だから、純粋にふるさと納税として高額寄附をされるだけなのかもしれません。

だけど、寄附は寄附、返礼品は返礼品。私ならいただけるものはしっかりいただきますけどね(笑)

furusato29.jpg

もし私がふるさと納税で高額寄附をするんだったら、いろんなものに使える感謝券(ふるさと納税感謝券)をいただきます。500万円分の感謝券で自動車を買うかな?1000万円分の感謝券だったら、自動車+ゴルフ+宿泊+レジャー…。

とても使い切れそうもないけど、ふるさと納税でもらえる感謝券には次のものがあるようです。※総務省からの返礼品の見直しを受けて現在は感謝券はありません。

感謝券がなくなったからには、ふるさと納税サイトの返礼品の中から探すしかありませんね。

「さとふる」の寄付金額の多い順返礼品ランキング
「ふるなび」の寄付金額の多い順返礼品ランキング


「わずか3分でふるさと納税はこちら!」


posted by setsuzei-mama at 09:13| ふるさと納税 還元率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

さとふる 還元率

ふるさと納税の人気が上がってくると同時に、簡単に手続きができるふるさと納税サイトが出現しました。その数は私が調べただけでも9社に上ります。

でも、ふるさと納税サイトもいろいろで、提携する自治体も多いところから少ないところもあり、返礼品に商品券や家電製品の情報を多く揃えているところもあります。

そこで考えるのが、「還元率の高いふるさと納税サイトを使った方が、ぜったい得じゃない?」ってことですよね(笑)

で、いくつかのふるさと納税サイトの還元率を比較しようとしたんですが、これって同じ商品があれば比較しやすいんですが、なかなか比較しにくいことに気がつきました。

そういうことで、各サイトの特徴で比較してみたいと思います。

furusato23.jpg

まず、ふるさと納税サイトの認知度No,1にも選ばれた「さとふる」ですが、ソフトバンクグループが運営しているらしく、高還元率の返礼品の情報も多いので人気度が高いようです。さらに手続きが簡単なのも人気の理由の一つのようです。

次は「ふるなび」。このサイトの大きな特徴は、家電製品や金券、商品券といった返礼品の情報を扱う数少ないふるさと納税サイトです。そのため還元率の高い返礼品が多いのですが、逆に提携している自治体数が限られているのが残念です。

次に「ふるさとチョイス」。ふるさと納税サイトの中では最大級のサイトです。提携している自治体も多いので、いろんな自治体を見たい方はチェックしておいた方がいいかも。

最後に「楽天ふるさと納税」ですが、これは楽天市場の会員の方だったらいつものお買い物と同じような感覚で手続きが済むので便利です。「楽天スーパーセール」を利用すればお得感がさらにアップしますよ(笑)

posted by setsuzei-mama at 11:47| ふるさと納税 還元率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

ふるさと納税 楽天 ポイント

楽天でもふるさと納税ができるのは以前にも書きましたが、いつも楽天でお買い物しているよーって人は、ポイントが付くので楽天スーパーSALEを利用してふるさと納税した方が断然お得です。

ただ、提携している自治体数がまだ少ないというのがちょっと残念ですが、ポイントを2倍〜10倍もつけてくれる自治体もありますので、返礼品に特にこだわりがないという方は利用しない手はありませんよ。

楽天市場の検索窓に「ふるさと納税」と打てば、楽天と提携しているふるさと納税先が出てきます。もしポイント10倍の自治体にふるさと納税すれば、自己負担金の2,000円も取り戻すことだってできるんですよ(笑)

furusato19.jpg

楽天ファンのあなたなら、すでに楽天カードを持っているはずですから、楽天カードを使ってふるさと納税してくださいね。楽天カードを使うと、さらにポイントが付きますから。

楽天会員なら、住所やクレジットカードなどの登録情報が既に登録されているので、あっという間にふるさと納税が完了しちゃいます。ホント、普通にお買い物をする感覚です(笑)

もしまだ楽天カードを持ってないという方は、今ならカードを作るだけで5,000ポイントももらえちゃうので、ぜひこの機会に作ってみたらいいかも!!

posted by setsuzei-mama at 11:13| ふるさと納税 還元率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

ふるさと納税 還元率 2016

さて、ふるさと納税をするとして、どうせなら還元率がいいところに寄附した方がいいよねって考える人が多いようですね。

「それって、ふるさと納税本来の趣旨とはちょっと違うでしょ?」というツッコミを承知の上で、固いことは抜きにして今年2016年の還元率がいいところを調べてみました。

俗に還元率が高いと言われるのは、50%のラインを超えたところだと言われています。具体的にいうと、寄附する金額が10,000円だと返礼品が5,000円、20,000円だと10,000円ということです。

還元率が50%を超えると、もらえるものもそれなりに豪華になってきますので、かなりお得感が出てきますが、なかには還元率が60、70というところもあるようです。

とは言っても「量が多いからお得」とは一概に言えません。たとえば人気の品の一つにお肉がありますが、そのお肉が本来どれくらいの金額のお肉なのかは分かりませんから、厳密にいえばこの還元率の値が正しいとは言いきれないわけです。

そうした点を踏まえると、はっきりとした値段を掴むことができるのがお米です。お米は銘柄によって価格はある程度ハッキリしてますから、当たり外れがありません。毎年お米が人気なのは、こうしたところにあるのかもしれませんね。

furusato11.jpg

2016年も、お米で還元率が高いところは10か所ほどあったようですが、人気が高いだけにすでに売り切れ状態です。もしお米が欲しいならば、来年からは早めにチェックしておく必要があるでしょうね。

でも、まだおすすめはあります。ふるさと納税サイトの「さとふる」を見てみると、10,000円の寄附で「南信州産コシヒカリ15kg」「若狭米こしひかり15kg」「特別栽培米 夢しずく15kg」などが頂けるところがあるようですよ。

posted by setsuzei-mama at 11:48| ふるさと納税 還元率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

ふるさと納税 楽天

皆さんはご存知でしょうか?私は知らなかったのですが、あの楽天でもふるさと納税ができるようになっていました。

2015年の7月31日に「楽天ふるさと納税」として、ふるさと納税専用のサイトが開設されたそうですが、よくよく調べてみるとこれがとにかく便利でとってもお得なんです。

通常楽天を利用している人は、いつものIDを使ってそのまま普通に買い物をするような流れで、しごく簡単にふるさと納税ができます。名前や住所の入力なんかが必要ないから、複数の自治体に寄付しようとする人なんかはとっても楽だと思います。

そしてもう一つお得なのが、楽天スーパーポイントをもらえること。寄付した金額の100円につき1ポイントがもらえるので、最終的には2,000円の負担金からさらにポイント分を差し引いた分が、実質の負担金になるわけなんですね。

このポイントは大きいです!!

もし、楽天カードをまだ持っていないということであれば、いま申し込みをすれば新規入会と利用で5,000ポイントがもらえるので、かなり怖ろしいことに…(笑)

それともう一つありました!!楽天で定期的に開催されている「楽天スーパーセール」を利用すると、もっとポイントをゲットすることができますよ(笑)

posted by setsuzei-mama at 13:03| ふるさと納税 還元率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

ふるさと納税 還元率

ふるさと納税は、自分が貢献したいなと思った市町村の自治体に寄付することで、一定の税金控除を受けることができる制度です。そればかりか寄付をした先からはお礼として返礼品が頂けるという嬉しいシステムです。

でも、ふるさと納税といっても寄付をする「ふるさと」には特別な定義はないので、自分の生まれ育ったところに限らず、旅行先でお世話になったからとか、ここはぜひ応援してあげたいと思ったところなど、寄付をする先は自由に選ぶことができるんですね。

だから最近ではいろんな自治体を検討し、受取れる返礼品が豪華なところや、還元率が高いところを選ぶ人が多くなってきたようです。

furusato3.jpg

そりゃあ人間ですもの、同じ金額を寄付するのであれば、高還元率の返礼品をもらう方が絶対お得ですから仕方がないですよね(笑)

返礼品として人気なのは、やはりお肉や海産物にお米といった食品を贈ってくれる自治体で、そしてやはり高還元率の返礼品が多いように感じられます。

ひと口に還元率の高い自治体や返礼品を探すといっても、人によって価値観も違ってきますので一概には言えないようですね。

結局のところ、2,000円以上の返礼品がゲットできれば得するわけですが、私が還元率のいい返礼品として探したのはざっと次のようなものです。欲が深いと思わないでくださいね(笑)

・「こだわりの放し飼い卵「かぐやひめ」150個(約10kg) 」:寄附金額10,000円
・「九州産豚肉切り落とし3kgセット」:寄附金額10,000円
・「カレー専門店オリジナル野菜カレー50食入り」:寄附金額10,000円
・「長野県南信州産 コシヒカリ 15kg」:寄附金額10,000円

チョット贅沢なものなら佐賀県嬉野市の「佐賀牛 ステーキ用800g」がいいですね。寄付金額20,000円で、あの佐賀牛が食べられるんですよ!最高じゃありませんか♪

普段高くて手が出ない高級肉でも、直接お財布からお金を出して買わないんだから、なんの抵抗もなく口に入れることができそうですね(笑)

高還元率のお肉をゲットするなら「さとふる」がおすすめです。⇒ウェブでふるさと納税(受付中)

ふるさと納税 さとふる
高級和牛が貰える!ふるさと納税
posted by setsuzei-mama at 09:40| ふるさと納税 還元率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする