さとふるキャンペーン

2017年01月19日

ふるさと納税 高額寄附の一時所得という落とし穴

なんといっても、ふるさと納税はお金持ちの人の方が断然お得ですw

我が家が限度額いっぱいにふるさと納税したとしても、せいぜい30,000円がいいところです。でも、年収が我が家の倍のご家庭だと90,000円、年収1500万のご家庭だと、なんと限度額が190,000円なんです。

正直、こんなにふるさと納税ができたら楽しいだろうなって思いますw

極端な話、年収が1億円ある人は、な、な、なんと、1,916,000円もふるさと納税ができちゃうんですよね〜

そう、人を羨ましがってばかりじゃいけないですよね。お金持ちにはお金持ちの悩みがあるんですからね。

furusato31.jpg

それはそうと、ふるさと納税の返礼品が一時所得になるということをご存知でしょうか?

私たちみたいな普通のサラリーマン家庭でも、ふるさと納税の返礼品は一時所得になるんですが、一時所得には50万円の控除があるので関係ありません。ですが、高額寄附をされる方は一時所得に注意しなければいけません。

たとえばこちら⇒墓石「煌輝スペリア〜きらめき」[長崎県松浦市]
寄附金5,000,000円で工事費込みで建立してくれるものですが、これなんかは間違いなく一時所得の課税対象になるでしょうね。

ただ、こういったことは自治体サイトには書かれていないことが多いんですよね。おそらくことが税金に関するものなので、よほど詳しい人でなければ知っている人は少ないでしょうから。

偉そうなことを言っていますが、かく言う私もふるさと納税を勉強するまではまったく知らなかったんですけどねw

ただ、一時所得のことを知っていてふるさと納税するのと、まったく知らないでするのではあとで慌てることにならないだけいいと思います。

ま、一度経験すれば分かることではありますがw




posted by setsuzei-mama at 18:31| ふるさと納税 仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする